肝臓の働きに関して説明しています。また脂肪肝や肝臓の病気に不安のある方向けに、肝臓の仕組みを理解しながら必要な成分を上手のに摂取するコツを紹介しています。

肝臓の働きが分かる!脂肪肝や肝臓の病気に不安のある方は必見

未分類

肝臓の働きが落ちるとどんな症状が出る?

投稿日:

肝臓の働きが低下したときの症状について
黄疸
眼球や皮膚が黄色くなります。
黄色くなる理由として血液中のビリルビンが血液中に増加し皮膚や目が黄色くなります。

ビリルビンは赤血球が寿命を終えた後に生成される黄色い色素です。その後肝臓へと運ばれ胆汁を介して腸に排泄されます。

肝臓が機能低下しているとビリルビンの排出が正常に行かず、眼球や皮膚に症状が出ます。また尿が黄色くなるのも同様の症状と言えます。

疲労感
体がだるい、倦怠感、不眠、微熱などの症状があります。
疲労感の原因は様々ですが、肝機能の低下による解毒作用の低下や代謝の低下により体内に毒素や不要な物質が増加することによって疲労感を感じると言われています。

この他、神経伝達物質のレベル低下もあげられ多くの研究や仮説が存在しています。

体重減少
食欲不振や吐き気なども同時に感じる症状です。

胃腸や腸などの消化・吸収機能に障害が起きたり、肝臓で行われている食べ物をエネルギーに変換する機能も低下するため、体重の減少の原因となります。

全身のむくみ
主に手足にむくみの症状が出やすくなります。

体に老廃物が貯まる上に、代謝も低下するので体内の不要物が排出されにくく余分な水分がむくみとなって症状に現れます。

 

-未分類

Copyright© 肝臓の働きが分かる!脂肪肝や肝臓の病気に不安のある方は必見 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.